LussoCars
車検と整備はべつ

クルマを購入する際に多くの方が車検代はどのくらい掛かりますかという質問をされます。確かに気になることだと思いますが簡単には説明できません。単純に車検だけなら9万円くらいですが付帯する作業で費用は変わってきます。そんな車検と整備についての話です。

一般に車検整備とか24カ月点検とかいう名目で行われる作業があります。これがユーザーにとって一番理解しにくいのではと思います。ディーラーとか、かかりつけのSHOPにまかせきりで乗っているのなら別に気にもしないでしょうが、自分のクルマの健康状態を把握したいと思う人にとっては不透明な部分だと思います。そして不透明のまま乗っていることが不安を生むのです。

もちろんメカニカルな部分を全て把握してなければダメだということではなく、今の自分のクルマの状態を知っておくことが大切なことだと思うのです。例えばブレーキパッドは後どれだけ持ちそうだとかいう程度で良いと思います。

私は車検と整備は別の物だと思います。

車検の検査で見る部分はあくまで6項目程にすぎませんし、ユーザー車検を経験された方なら分かると思いますが本当にこれでいいのって言うくらいの検査なんです。だから車検が通ったから安心だとは思えません。ユーザーに責任が持たされたわけです。

クルマのオーナーにとって車検は自分のクルマの健康診断の時期が来たわけです。クルマは機械ですからメンテナンスは絶対に必要なことです。そしてそれが整備なんです。必要な部分を整備することが楽しくクルマに乗るうえで一番大切なことです。だから整備(メンテナンス)の必要性をオーナーは理解しておくべきでしょう。

メンテナンスを理解するためにはメカニックとの信頼関係を持つことから始まると思います。直接自分のクルマを面倒見る人を知らないのでは寂しいです。何処がどう悪いのかを聞いたり、それによって起こりうる弊害を知ったうえで納得のいく整備をすることが本当の意味でのメンテナンスだと思います。そしてそんな経験を積み重ねていくことが自分の知識となり自信に変わっていくのです。

せっかく乗ったクルマですから走る以外にも経験して学習して次に生かして欲しいです。特にメンテナンスに関して自分なりの自信があればクルマを選ぶ視野がおおきく広がることになるのです。

車検は個別の診断時期が来たと言うことであり、その点では重要です。だからといってたくさんお金を掛ければ安心とは言えません。クルマを楽しく乗るために必要なことはメンテナンスに尽きると思います。《Eワヤマ》(1997/5/24)

[ BACK ]