LussoCars
安全運転しタラ?

車を楽しむうえで大切なこと。月並みですが「安全運転=事故を起こさないこと」がその筆頭に上げられるでしょう。

■ 安全運転

私は1年の初乗りの時にいつもしていることがあります。それは自分の無事故とお客さんの無事故を祈ることです。安全運転について普段から考えていることを私なりに伝えてみたいと思います。

私は基本的に事故は避けられないものではないと考えています。ただし乗り手にその意識がなければ決してなくなりません。何度でも事故を起こす人がいますが、その意識が欠けている証拠です。

車は動くものだし、動き合う流れの中に存在する非常に不安定な乗り物です。そして、その流れに乗れないとき、または流れを遮られた時に事故は起こるのです。走っている車を道路の脇にたって冷静に眺めていると恐いです。目の前を重力の固まりが飛び交っているのですから、衝突しないのが不思議なくらいです。

公道には歩行者、自転車、オートバイ、バスなどが混在し、信号、横断歩道、路上駐車、一方通行などが存在します。そして状況は刻々と変化します。一瞬の判断ミスが事故につながります。

■ 運転は先読み

車を走らせることは道路の流れの中に入っていくことだと思います。そしてその道路の中を自分の思った速度で流れることが運転だと考えます。

流れる速度を読み間違えると事故という結果がでてきます。事故にならない運転をいつも頭に置いて走らせるべきなのです。

基本的に私は「最悪の場合を想定して」運転しています。ここで相手が出てきたらとか、ここでこうなったらと言う「たら」運転をしています。よくいう「大丈夫だろう」運転がこの逆になるわけです。どちらも読みながらの運転なのですが私は「たら」をお薦めします。前を走る車の動きを「だろう」で信じるのではなく、ひょっとしたらという「たら」で予想しながら走れば相手の動きに急な反応はしなくていいのです。

自分の中に安全というマージンをたっぷりとっておくことができ、公道を走る上での最高のオプションを装備することになるわけです。

■ 腕を上げたいなら

公道でむやみにスピードを出すのは危険です。それはそもそもの判断がまちがっているわけで「先読み」以前の問題です。

練習するならクローズド(サーキット)に行きましょう。最初は無理せず、すこしずつコーナーリング速度を上げていくと自分と車の限界がわかってくるはずです。一般のサーキットでは他車といっしょに走ることになりますが、くれぐれもムキにならないようにしてください。走行会はレースではないはず。車を壊してはすべてが台無しになります。

フルブレーキングやスピンの体験など、公道での運転にフィードバックしていきましょう。

■ 最後に

自分の中で「読める」運転ができてくれば次のステップに進むわけです。そのなかでより多くの経験をして自分の運転を作り上げてください。

せっかく買った車を事故で壊したり、なくしてしまうことは本当に悲しいことです。とくに思い入れをもって手に入れた車に対しては強く感じるのです。お客さんの車が事故で廃車になったと聞くと気が滅入ります。今回のテーマとは趣旨が異なりますが、お客さんには車両保険を満額かけることを勧めています。あとに何も残らないということがないようにという意味ですが、本来、私はそんな車を選んだ人たちが無事に楽しく運転してほしいのです。

オーナーがそれぞれの責任において車の運転を楽しんでほしいと思います。《Eワヤマ》(1997/2/3)

[ BACK ]