Lusso Cars Report

Lusso Cars Report

フェラーリ テスタロッサの納車整備を行います。

 1250.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回の納車整備の内容としましては、Tベルト交換一式、E/G&M/Tマウント

交換、油脂類交換とリセット作業を行います。

 

 

1249.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最初にタイミングベルト交換を行うのにエンジンを降ろす作業からスタート

します。

 

 

1389.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

油脂類を抜きマフラーを取外し、エンジンを車台から離す準備を進めていきます。

 

 

1256.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

V12気筒エンジンが車台から降ろされました。

エンジンを降ろす作業だけでも大変です。

 

 

1327.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次にタイミングベルト交換、カムシール交換を進めていく為、へッドカバーを取外します。

 

 

 

1342.jpgのサムネール画像

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

新品のカムシール。

 

 

1344.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

タイミングベルト交換、タイミングベルトテンショナーベアリング、補機ベルト交換を行います。

新品のタイミングベルト。

 

 

1379.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

新品の補機ベルト。

 

 

1343.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

 

新品のタイミングベルトテンショナーベアリング。

分解、清掃、グリスアップをし、組み付けます。

 

 

1354.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カムシール、Oリング交換を行いバルブタイミング調整と進めていきます。

マーキングをしていますが、あくまで目安です。

ダイヤルゲージと分度器を使いバルブタイミングを確認します。

バルブタイミングは右バンクのインテーク側が少しずれていたので調整します。

 

 

1353.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

新品のタイミングベルトが組み付けられました。

フロント側のクランクシールも交換しています。

 

 

1385.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

タイミングベルトカバーを組み付け補機ベルト類を組み付けていきます。

 

 

1367.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

新品のプラグ12本。左右のバンクに取り付けていきます。

 12気筒エンジンともなると、プラグ一つの役割がエンジンの調子を

大きく左右します。

 

 

1358.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

新品のパッキン。

交換の際にヘッドカバーについた古いガスケット、オイルをキレイに除去してから組み付けていきます。

 

 

1377.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次にディストリビューターシール交換、ガスケット、コルクガスケットを行

います。

 

 

1362.jpgのサムネール画像

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次にマウント類を交換していきます。

 

 

1364.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

上が新品のE/Gマウント。下が古いE/Gマウント。

 

 

1370.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

交換後のE/Gマウント、フロント側。

 

 

1360.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次にリヤ側のマウントも交換します。

 

 

1366.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

上が新品のリヤ側マウント。下が外したマウント。

フロント側のマウント同様、かなりヘタリが確認されました。

 

 

1368.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

交換後のリヤ側のマウント。

 

 

1336.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次にサーモスタット交換、ガスケット、ベースガスケットを行います。

テスタロッサには、サーモスタットが2つ付いています。

 

 

201112-testarosso.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

機関系の部品交換が全て完了後、エンジンを車台に組み付けていきます。

エンジンが車台に組みつけられたら、エンジンオイル、クラッチオイル、M/Tオイル、

ブレーキフルードと交換していきます。

クラッチフルードとブレーキフルードは交換の際にエア抜きも同時に行います。

最後にバッテリー交換、フロントフードダンパー交換、ワイパーゴムを新品に交換し

全ての作業完了後、試運転し今回作業を行った結果イメージ通りのテスタロッサの

仕上がりでした。

ナビ、レーダー取付、ボディコーティングを行いお待ち頂いたお客様に納車させて頂きました。

ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

ALFA ROMEO SZ 納車整備を行います。

s-P1070306.jpg

オーナー様と納車整備の一環として、SZの魅力であるアルファロメオの3リッターV6、このエンジンを楽しむために吹け上がりを改善することにしました。

s-P1070314.jpg

触媒の交換をしました。新しい触媒が、吹け上がりを改善してくれることを確認しました。

s-P1070307.jpg

 燃料ポンプを交換します。

s-P1070308.jpg

燃料ポンプです。上が新しいパーツです。

s-P1070310.jpg

プラグを交換します。下が新しいパーツです。

油脂類、フロントブレーキパッド交換、フロントハブベアリング調整を行いました。

ハザードスイッチが色あせておりましたので、新品パーツに交換、フロントのエンブレムも新しくしました。

HID、キーレス、ETCを取り付け、ボディ補修、シートの張り直しを行い、新しいシフトブーツ・サイドブレーキブーツを取り付けました。

試運転を行い、異音のないこと、触媒の効果などを確認して納車整備完了です。

RENAULT CLIO RSの整備を行います。

s-P1060864.jpg

過去の整備記録からタイミングベルトの交換は実施されていることが確認できましたが、ウォーターポンプの交換を実施されていることが確認できませんでした。

そこで、納車整備の一環としてウォーターポンプの交換を実施することにしました。

s-P1060953.jpg

ウォーターポンプ交換のためフロントバンパーを取り外しました。

s-P1060958.jpg

ウォーターポンプを取り外しました。

s-P1060955.jpg

ウォーターポンプです。下が新しいパーツです。

s-P1060962.jpg

新しいウォーターポンプが取り付けられました。

s-P1060965.jpg

ドライブベルトを交換します。右が新しいパーツです。

s-P1060963.jpg

ドライブベルトテンショナーです。右が新しいパーツです。

s-P1060964.jpg

ドライブベルトテンショナーが取り付けられました。

s-P1060972.jpg

ドライブベルトアイドラーです。右が新しいパーツです。

s-P1060975.jpg

ドライブベルトが取り付けられました。

s-P1060952.jpg

マフラーを交換します。写真はマフラーハンガーです。右が新しいパーツです。

s-P1060954.jpg

パワステ油圧センサーを交換します。

油脂類、A/Cフィルター、Rブレーキパッド・ハブキャップ、バッテリーを交換し、ETCを取り付けました。

試運転を行い、問題がないか確認し整備完了です。

MASERATI3200GTの車検整備を承りました。

s-P1060006.jpg 

s-P1060007.jpg

パワステタンクキャップのOリングを交換します。

パワステオイルも交換します。

s-P1060008.jpg

s-P1060009.jpg

エアフィルターを交換します。

s-P1060010.jpg

エアフィルターです。左が新しいパーツです。

s-P1060011.jpg

s-P1060012.jpg

エアフィルターを交換しました。

s-P1060013.jpg

エアフィルターを交換します。

s-P1060014.jpg

s-P1060015.jpg

エアコンフィルターです。右が新しいパーツです。

s-P1060016.jpg

エアコンフィルターの交換が完了しました。

油脂類、ワイパーゴム、ハイマウントストップランプバルブを交換し、検査を受け整備完了です。

LANCIA DELTA HF Integrale Evo.IIの車検整備を承りました。

458.jpg

前回の交換から4年経過しているので、車検とあわせて

タイミングベルト、ウォーターポンプの交換を行います。

459.jpg

タイミングベルト交換作業開始です。

460.jpg

タイミングベルトカバーを取り外しました。

461.jpg

バランサーベルト、タイミングベルトを取り外します。

463.jpg

バランサーベルト、タイミングベルト、ウォーターポンプを取り外しました。

464.jpg

ウォーターポンプです。上が新しいパーツです。

466.jpg

467.jpg

タイミングベルト、タイミングベルトテンショナー、タイミングベルトアイドラーベアリング、ドライブベルト、ドライブベルトテンショナーです。

上が新しいパーツです。

468.jpg

タイミングベルトです。上が新しいパーツです。

470.jpg

新しいウォーターポンプが取り付けられました。ウォーターポンプは、タイミングベルトと同時交換をお勧めしております。

472.jpg

474.jpg

タイミングベルト、バランサーベルトが取り付けられました。

476.jpg

 ドライブベルトテンショナーも交換します。上が新しいテンショナーです。

 

油脂類、スパークプラグ、電動ファンリレー、バッテリーを交換し、

検査を受け整備完了です。

MASERATI GHIBLI 2.8 5F の納車整備を行います。

436.jpg 

438.jpg

エンジンオイルを抜きます。

439.jpg

オイルフィルターも交換しました。

440.jpg

450.jpg

アクセルぺダルが重かったため、スロットルワイヤーを交換しました。

451.jpg

汚れがひどかったためブレーキオイルタンクを交換します。

上が新しいパーツです。

452.jpg

454.jpg

 新しいブレーキオイルタンクが取り付けられました。

455.jpg

クラッチマスターブッシュを交換します。右が新しいパーツです。

ゴムがかなり傷んでいるのがわかります。

456.jpg

457.jpg

クラッチマスターブッシュを交換しました。

s-P1050788_3.jpg

トランクダンパーを交換します。右が新しいパーツです。

なくなってしまっていたフューエルフィラーキャップガスケットを取り付けし、

試運転を行い納車整備完了です。

 MASERATI ZAGATO SPYDER の12ヶ月点検を承りました。

P1060621.jpg

P1060611.jpg

エンジンルーム、下回り、クルマの状態を確認します。

問題の発見された箇所をオーナー様に報告し、整備を行います。

P1060612.jpg

P1060615.jpg

触媒を製作し交換しました。

P1060616.jpg

オルタネータベルトに劣化がみられました。新しいベルトに交換することになりました。右が新しいパーツです。

P1060617.jpg

新しいオルタネータベルトが取り付けられました。

P1060619.jpg

タイロッドエンド左にガタがありました。

P1060620.jpg

タイロッドエンド左インナーと左アウターを交換します。

下が新しいパーツです。

パワーシートとパワーウィンドウのスイッチ交換を行い、12ヶ月点検整備完了です。 

ALFA ROMEO 155 8Vの整備を承りました。

P1060334.jpg

 走行距離128,617km走っており、今回足回り交換を行います。

P1060335.jpg

 フロントのショックアブソーバーを交換します。右が新しいパーツです。

P1060336.jpg

 リアのショックアブソーバーです。左が新しいパーツです。

 P1060348.jpg

 リアのバンプラバーです。右が新しいパーツです。

P1060349.jpg

 リアのショックアブソーバーです。右が新しいパーツです。

P1060351.jpg

P1060350.jpg

P1060352.jpg

 新しいショックアブソーバー、バンプラバーが、取り付けられました。

スプリングシートも交換しています。

P1060357.jpg

 水漏れしているラジエーターを交換します。

P1060358.jpg

 取り外されたラジエーターです。かしめの部分から漏れています。

P1060359.jpg

 新しいラジエーターです。

P1060360.jpg

 新しいラジエーターを取り付けつけました。ラジエーターファンスイッチも交換します。

P1060361.jpg

 ウォーターポンプを交換します。上が新しいパーツです。

P1060362.jpg

 ウォターポンプが外された状態です。

 155 8Vは、タイミングチェーンのためウォーターポンプのみの交換を行います。

P1060364.jpg

P1060363.jpg

 燃料ポンプも新車から一度も交換していないため今回交換します。

 同時に燃料ポンプフィルター、燃料ポンプホースも交換します。

 エンジントルクロッド、ブッシュを交換し、運転席ドアアウターハンドルを修理し整備完了です。

MASERATI GHIBLIの水漏れを修理します。 

P1060755.jpg

ウォターポンプから水漏れしていることを確認しました。

P1060763.jpg

 タイミングベルト、ウォーターポンプの交換を行います。

一度外したタイミングベルトは再利用しませんのであわせて交換します。

P1060764.jpg

ウォーターポンプからの水漏れ箇所です。 

P1060765.jpg

 ウォーターポンプを取り外しました。

P1060766.jpg

 ウォーターポンプです。上が新しいパーツです。

P1060768.jpg

 取り外したウォーターポンプの、水漏れ部分の拡大写真です。

P1060769.jpg

 新しいウォーターポンプが取り付けられました。

P1060770.jpg

 新しいタイミングベルトを取り付けました。

P1060771.jpg

 タイミングベルトカバーも新しいものに交換します。

上が新しいパーツです。

P1060772.jpg

 新しいタイミングベルトカバーが取り付けられました。

P1060760.jpg

 クラッチレリーズシリンダーのからオイル漏れにお客様が気付かれていました。

今回の入庫にあわせて、修理します。

取り外し、オーバーホールします。

P1060762.jpg

クラッチレリーズのシールKIT。下が新しいパーツです。

シールを交換し、クラッチオイルのエア抜きをします。

P1060773.jpg

 割れてしまっているステアリングロアサポートブッシュを交換します。

P1060774.jpg

 ステアリングロアサポートブッシュです。左が新しいパーツです。

P1060756.jpg

 フロントスタビライザーマウントブッシュを交換します。上が新しいパーツです。

P1060757.jpg

P1060759.jpg

 フロントスタビライザーマウントブッシュを交換しました。

テンションロッドブッシュも交換しています。

 s-P1050788_2.jpg

 トランクダンパーを左右交換します。右が新しいパーツです。

試運転を行い、水漏れの問題がないか確認し整備完了です。

MASERATI GHIBLI が車検整備のため入庫しました。

P1060781.jpg

作業開始です。

P1060795.jpg

デフからのオイル漏れがあります。フロント、サイドのオイルシールを交換します。

P1060796.jpg

デフを取り外しました。

P1060797.jpg

デフサイドシールです。左が新しいパーツです。

左右交換しています。

P1060798.jpg

こちらはフロント側のシール。右が新しいパーツです。

P1060799.jpg

P1060800.jpg

新しいデフフロントシールが取り付けられました。

P1060801.jpg

センターデフは、綺麗に清掃し取り付けました。

P1060783.jpg

 P1060784.jpg

ミッションマウントを交換します。

P1060791.jpg

右が新しいミッションマウント、左が古いミッションマウント。横から見比べると状態の違いが良くわかります。

P1060794.jpg

ミッションマウントの交換が完了しました。 

P1060786.jpg

テンションロッドブッシュを交換します。

右が新しいテンションロッドのブッシュです。

左右の前後で4個になります。

P1060787.jpg

テンションロッドを交換しました。

他にパワステラックブーツ、油脂類、バッテリーの交換を行い、検査を受け整備完了です。