2020年09月30日

雨の日には車をみがいて

あぁ、やはりこの時間になっても気持ちの整理がつかない状況で月末を迎えているE-carsです。
今月はホームページのリニューアルを行い、秘かに裏側では次なる策を構築しながらのタイトスケジュールをやり繰りしていました。
札幌への出張では今回の感染症の影響を肌で感じながらのフライトからの移動。東京へは信じられないほどの空席に囲まれての新幹線での移動からの高速ひとっ走り。
日本が今受け止めている現状と、これからを思いながら交通機関を利用するの中で感じていたのは「クルマ回帰」。移動に関してはもう以前とは比較できないくらい快適で便利になった現行モデルも利用もありだと感じました。
自動運転が必要なのではなく、自動運転を利用できるスキルは必要だと思います。その中で安全運転にどう取り組むかがこれからのドライバーの新しいモラルになっていくように感じています。
自分ではイマイチどころかイマサンくらい自動運転に頼らないアナログドライバー(携帯はガラケー)ですが、時に現行モデルの素敵なオプションに触れて感動する事は多々あり、秘かに憧れている事は認めています。
きっと僕の周りの同世代ドライバーの多くは自分の感覚に近い方がいまだ多く、EV車やオートパイロットに慣れ親しんでいるアーリーアダプターはまだまだマイノリティーかとは思います。
しかしそのみんながクルマを好きである事は間違いないと思っています。
何故ならクルマが綺麗なんですから。(笑)
汚れたら洗う、洗ったら磨く。磨いたら仕舞う、仕舞ったら眺める。そんなルーティンにハマっている事も素敵だと思います。
学生時代に読んだ小説のタイトルが洗車している時にはいつも頭に浮かんできます。
「雨の日には車をみがいて」
走れ逆ハン愚連隊からの流れで出会ったこの小説のタイトルと内容は当時の僕には憧れの詰まった内容でした。
自分のクルマを持ちながら、大人になってクルマと人がどう付き合っていくのかを想像し妄想した小説でした。
会社でも洗車しながら雨が降ると普通はがっかりするものですが、この小説の事を思い出しながら雨の中にたたずむクルマを眺めていると一瞬で30年以上タイムスリップできたりするのが楽しかったりします。
秋の雨はそんな事を思いながらクルマの中から眺めてみようと思います。
来月にはもう秋から初冬を感じている気もしますが強い身体を作りながら頑張って乗り切りたいと思います。
自分のクルマには全く触れなかった事が残念な9月でした。
皆様は来月のドライブシーズンをどうぞ無事故でお楽しみくださいませ。

2020年08月30日

それが一番大事

明日を前に少しだけ時間に余裕ができたE-carsです。
明日になったらまた明日にしかできない仕事を抱えて今日のこの暑すぎる気温に助けられ自分の時間が少しできた30日。
最近の異常な暑さにも少し慣れてきた今日この頃、しかし夜にはもうそこまで秋の気配が感じられます。
帰り道に車の窓を開けて運転してみると、熱気に混じった秋の気配が入り込む感じがして軽く汗かきながら夏を見送る帰宅ドライブを楽しんでいます。
今月はお派手なクルマが欧州から届き、その寸前のタイミングで何故か昔からのお客様に嫁ぐことが決まり、会社としては公にさらす事がないまま静かにその幕を下ろすという形で終結しました。
本当は少しだけこんな車が入庫しましたとかで見ていただければ良いのかとも思いましたが、弊社のお客様にまず一番に情報が届き、その後判断が頂けてそのままお届けさせていただく、それが一番大事な事だと再認識した次第です。
多くの希少車と呼ばれるクルマや見本では正規輸入にて購入できないクルマをお届けしてきた中で、自分たちの価値はそんな僅かな隙間にしかないと考えて続けてきたLussoの真骨頂だった気がします。
昨今での多業種でのコロナウィルスによる営業不振や事業継続の困難化、業績低迷や人員整理等寂しい話題に心痛む日が多く、首相までが体調不良にてその職を辞するなどその思惑とは相違する状況を余儀なく強いられる世の中ですが、クルマだけも元気に楽しめるように頑張りたいと思う日々です。
コロナウィルスに負けない事より、コロナウィルスの存在を認め共存し生き抜くサバイバーでありたいと思います。
今月は明日で終わり、秋の気配と共に9月がやってきます。
少しでも皆様の日常が良い日常である事を願って働きます。
今月は何も進まないまま弊社のアルファロメオは夏休みでした。

2020年07月30日

走り出せるか?アルファ!!

明日はまず間違いなくここに座る時間が無いと確信してこの時間を選択したE-carsです。
世の中的にはコロナウィルス感染症の第2波が感じられるニュースを毎日目にして、その具体的な数値も日々記録更新されていくのを見ていると何となく心も沈んでいく気がします。
そんな日には好きなクルマや大切なクルマに乗って走り出せば良いと思い立ち、今夜はGTVでひとっ走りと決めました。
誰かとこの気持ちを共有する訳でなく、昔のようにクルマと自分だけの密な時間を取り戻せる良い機会になってくれそうな気がしました。
クルマの中でクルマと会話する、傍から聞いたら少しヤバそうな人の話に聞こえますが昔からその癖はあります。
高校生の頃に乗っていたRZのキックをする時に「かかってくれよ」って真冬の夜中に山奥で話しかけた記憶や、EUROPAで市内を走りながら左折のタイミングでエンジンストール。そこから再始動までのクランキングの間にも同じセリフ。その後で動きだした相棒を運転しながら話し合った記憶は今も消えません。もちろん独り言になりますが。(笑)
意味もなく走りたくて、目的もなく走らせる。そして最後にその時間に意味がある事に気が付く。
こんな時だから時間がある方はのんびりとGoToもありなのでは?県をまたぐとどうとか、他府県ナンバーはどうとかのイザコザはこの際気にせず、出かけてみるのも良いのでは?
出かけた先に一人だけのドライバーを受け入れてくれる素敵な場所の共有が今の時代なら簡単に検索出来て共有できるから。
クルマを見つめ直せる良い機会が来たと思います。
誰かの為に買うのではなく、自分の為に買った愛車が幸せを感じさせてくれる。
そんな素敵な夏が来ることを心から待ちたいと思います。
真夏の夜のドライブは最高!

2020年06月30日

走り出せ、アルファ!

今月はかなり厳しいタイムスケジュールに追いかけれて、大雨の中何とかここに座れたE-carsです。
世の中にあるコロナウィルスによる多くの制限が少しだけ解除されてからの6月、皆様の気持ちもなんとなく少し晴れ間がのぞけたような雰囲気を感じます。
いきなり焼け野原にされた感じがした今回の世界中を席巻したあのウィルスには多くの皆様に多大な影響があった事と思います。
そんな中で、それでもこれからの新しい生活様式やビジネススタイルの構築を要求される我々は一歩でも後ろに下がる事無く前に出る努力を要します。
既に多くの方々は着手されている事とは思いますが、私は気持ち以上に動けていない状況です。

そんな中で前に進むために会社では色々な試みが上がっていますが、個人的には110周年のアルファロメオに拘ろうかと秘かに企てております。110歳のアルファロメオに対して55歳になる自分を重ねてみて決めた次第です。
これまで取り扱いをしてきた多くの車種の中でも心に残るモデルを集めて仕上げる。そんな事が出来たら自分のこれまでを振り返る事にもなれるし、傍から見ていても面白そうな気もします。
まずは1991年に最も多く販売した75TS、1996年に販売しLussoを引っ張ってくれたGTV V6TB。この二台の仕上げを今年の残りの時間の中で何とかしたいと思っています。
クルマって忘れられない思い出と連動しながらいつまでも心の中で走り続けるので、そのイメージ通りに仕上げる事は本当に困難だと知っています。
それでもその時の多くの思い出と共に走り出せるように頑張ります。

梅雨明けと夏の幕開けが今年失った春の分まで充実した時間になる事を祈りながら今月を終えたいと思います。    E-wayama

2020年05月30日

夜空ノムコウ

今月は一日早いE-carsです。
世界中の人々というか人類と云う括りで大きなダメージを受けて試練を受けとめた期間が緩やかにその戦火を狭めてきたように感じます。
健康面だけではなく経済的にも多くの痛手を受けながら、それでも人々はまたここから前に進むんだという気持ちになれるか否かがこれからの時間の経過を良くも悪くもしていくように感じています。
自粛期間に多くの事を振り返りながら、自分とクルマのこれまでも振り返っていました。
誰もがそれぞれのクルマとの思い出というか想いを持っている事、クルマ好きとそうではない方との違いなども考えながら少年時代に遡り想いを馳せていました。
そんな時にENGINE7/8月合併号を手に取り楽しみました。
わが人生のクルマのクルマ。クルマをカタカナで書いている事にいつも共感していた雑誌ですが、今月はその中に寄稿するつもりで綴ります。
E-wayamaとロータスヨーロッパ(笑)
そもそも、自分の中にヨーロッパが棲み始めたのは小学生の低学年の時、自宅近くのいわゆる外車屋さんに飾ってある紫色の個体を見た時に稲妻に撃ち抜かれた事が始まりでした。
その後すぐにスーパーカーブームが巻き起こり、身近か否かではなく学校中を、そして世の中を席巻する一大ブームに多くの人々が飲み込まれていった事は今の40代以上の方々の記憶にあるのでは?
「いつかは・・・。」という話が普通の話題で、その中で自分は「ロータスヨーロッパ」が絶対でした。僅か10歳になった少年の心にそのクルマが棲みついたという事です。
そこから実際にクルマが身近になるまでは自転車にハマり、バイクにハマり、遊びにハマり、女子にもハマりました。
18歳でクルマの免許を取得してもクルマに手が届かずバイクで過ごしながら友達のクルマと家のクルマで走り回る日々。
通学路には白い328がいつも頭から止めてある姿を眺めつつ、「フェラーリなら328だな」とか、友人のルノー5アルピーヌに同乗して追いかけたマセラティカムシンに焦がれたり。そんな中で出会ったゴルフカブリオレのマニュアルモデル、ブフマン仕様のCOXB10チューン、BBSフルキット、ビルシュタイン。すべてを注ぎ込んで入手しました。
20歳。バイクを忘れるほどののめり込みにすべてが満たされたかのように思いつつ、クルマが身近になった瞬間から胸の奥の消えていなかった火がどんどん大きく燃え広がっていくのを感じていました。
そして運命の昭和62年5月。環八にあった日本で一番格好イイと思っていたクルマ屋さんに出向きました。
ヨーロッパとの出会いは本当に衝撃的でした。アメリカから届いたばかりという個体は塗装はボロボロ、エンジンはかからず内装もやれているまさにズタボロの状態でした。
今、そのクルマを見たら買っていたかは分かりませんが(多分買う)、その日が素敵すぎて買う事にしました。お金も無いのに。
そこから乗れるまでの期間は18か月を要しました。もちろんその間に頼み込んで通してもらった親保証人のローンは返済をし続け来るべき日を夢見てバイトに明け暮れる毎日。学生の本分を忘れ誰よりも働く日々にその後の自分作りがあった訳です。
今思えば、登録後にも納車が為される事はなくそこからさらに4か月後に初めて受け渡しとなりました。忘れもしない学生生活が終了し就職も決まり名古屋に戻る当日でした。
簡単にキーを渡されただけでエンジン始動。嬉しさと緊張でクラッチを踏む左足が震えてカクカクした事が今でも忘れられません。これ以後このような経験は一度もない事が残念です、F40であろうが、73RSであろうが。
そのまま第三京浜に乗り、それまでの自宅に別れを告げ名古屋に走りました。全くその間の記憶はなく謎のドライビングでした。
その後、一度も手放す事なく自分の傍にいてくれています。
乗れていない期間の方が圧倒的に多く、もしかしたら僕が手にした事がクルマにとっては不幸だったのかもしれません。幽閉した期間が長すぎてクルマとの関係性には蜜月も無かったように思います。
自分にとっては契約からレストア期間を経て完成納車までが蜜月でその後から今までが仕事漬けの人生。どこに行くにも違うクルマ。いつも乗るのも違うクルマ。本当にごめんなさい。
そして今、Lussoにて走り出す準備期間に入った我が愛車、「ロータスヨーロッパ」。
今度こそはボクの愛車で良かったと思ってもらえるように乗りますね。

今もこの胸に秘めたる思いは変わらない。自分の中の最高を手にした事はクルマ好きとして幸せであり、誇りに思います。
大きく何かが変わろうとしている今、変わらない想いに今を重ねてまた明日からも頑張ろうと思います。
E-wayama