2018年03月30日

クルマは変わる

今月もここまで時間が無くなると予想した通りのE-carsです。

最近あんなに毎日乗っていた電気自動車にもめっきり乗る事が無くなり再びガソリンエンジンに愛情を注いでいる毎日です。
クルマが変わっていく事を感じた時にまずは電気自動車からという事で乗り方から使い方、そして使い道に関しても考えながら勉強しました。
もう、あと二年もしたら世界中の名だたるメーカーから多くのモデルがリリースされる予感は現実のものとして近づいている感じはヒシヒシとしています。
ポルシェやBMWだけではなくメルセデスやVWというドイツ車勢が出揃った時がスタートラインなのか、もうすでに今がスタート切られているのかは不明ですが、販売環境的にはそろそろ整い始めていくのでしょう。
クルマが変わっていく時代に生きていることは、それはそれで楽しい気もしています。時代が変わる、そんな歴史的な変化の中にいる事を好きなクルマを通して体感できている事の記録を少しでも何らかの記録で残したいというのが最近の願望です。

現実はというと、年度末の激務に振り回されて終わるという3月になりました。(涙)

来月には長くお預かりしていた2台をお返しできる目途も立ち何とかこのまま次に預かりが増えることなくマイカーの入庫ができればと願っています。(笑)
その話が来月はできますように!

2018年02月27日

クルマを楽しむ

やはり日数が少ない月は非常に厳しい状況に追い込まれるE-carsです。
先月までは自分の時間も少ないながらも何とか捻出して原稿書きモードにシフトできていましたが、今月は無理でした。
格好よくCOVOは月二回寄稿すると宣言しながらやはり15日だけにしようと揺れています。(涙)
今年のLussoCrasは今までにあまり積極的には取り扱う事をしなかった車種に関しても取り組もうと云う話が社内で出て、テーマを決めて頑張ってみる事となりました。
自分だけですべてを選択し決めていた車種構成に変化を起こしていく事をスタッフが決めた事は嬉しかったりもしました。
この流れを受け入れてみて感じたのはクルマを楽しむ幅を拡張できるのではないかという事と、案内人としてのクルマの幅が増やせるという事でした。
今までを失う訳ではなく、あまり必要としなかったカテゴリーに挑むという感じで受け止めてみました。
これからのクルマをより楽しむ為の自分なりの勉強の時期が来たと感じました。

ここ2年ほどはクルマと時間を共有する楽しみを見出そうと、ツーリングに出かけてみたりイヴェントに参加させて頂いたりもしました。
クルマを心から楽しみたいという欲求をこれまでは抑えていたのですが、それも如何なものかと感じての解禁に踏み切ってよかったと思います。
共に走り、共に食し、共に寝起きした思い出は何ものにも代えがたいものとなりました。
このE-carsを読んでいただいている方の多くは「愛車」と共に暮らしている事と思います。
そして愛車と楽しく付き合っていることが幸せと感じているのでは?

金額やブランドではなく、そのクルマを愛する事がクルマを楽しむ事なんだと秘かに思いながら楽しめるクルマ選びを提案していこうと思います。

来月も頑張ります。

2018年01月30日

2018年のE-cars

今月も何とかこの時間を迎え少し安どのE-carsです。
この呟きも既に12年以上続けていることに驚きでした。時間の経過には驚かされる事が多くなっているのは自分が歳を重ねている証、感謝です。
昨年11月末日よりE-carsに追加で寄稿先を設けてしまい一人ダブルワークで追い込まれています。
特に何かを書き伝えたいのではなく、Lussoにて感じる事柄を書き残して振り返る事を楽しんでいます。
読んでいただける方に何かを感じていただければそれもまた嬉しいですし、自分としては取り扱ってきたクルマたちが持つ価値や存在理由を記していく事に使命を感じて頑張っています。(笑)
今年一年はこのパターンを続けていきます!E-carsは月末ギリギリ、COVOは1日と15日が公開指定日なので本当に月末は厳しいですが頑張りますのでよろしくお願いいたします。
Lussoとしては22年目を迎えて今までに頑張ってきた事はより頑張り、これまで試みてこなかった事にも挑戦していこうと決めました。
長年勤務してくれた女性スタッフが産休に入り寂しい中で新しい一年のスタートがひと月終わりました。なかなか忙しくて、彼女がいない事にも気が付かない程でしたが、お客様にも可愛がられていた事を毎週末感じていました。感謝です。

そんなこんなで今年もよろしくお願いいたします。
今年もクルマと楽しく付き合える何かをご提案しながら一緒に楽しませていただこうと目論んでおります。
関わっていただく皆様、どうぞよろしくお願いいたします。E-wayama

2017年12月31日

大晦日

今年もやはり大晦日に恒例になりつつある一人ぽっちの居残りE-carsです。
なんだかんだと昨日まではやり残したことに最後まで食らいつこうかという気持ちがありましたが、大晦日になるとそういう感情は薄れてある意味諦めの境地に達して気持ちも穏やかになってきます。
外の空気感も時間の流れからしてゆっくりになっているようで走り回り、飛び回った一年が嘘だったかのようなテンポが訪れてきます。
毎年このタイミングで風邪をひき寝込むのがパターンですが、今年の現段階でのどの痛みに怯えています。(笑)

今年は東京モーターショーに行きました。正直今までのどのモーターショーよりも未来が見えて、そして寂しく感じたモーターショーでした。
僕たちが大切にしてきた自動車はこの先に本当に「自動」クルマになってしまい、運転する事の楽しみはますます少なくなり、移動する事に使う個別の交通手段の一つにクルマが変化する、そう感じたモーターショーでした。
衝突緩和やオートパイロットは様々な機能が複雑に絡み合いながらも空から舞い降りてきた技術との融合であると感じました。
操縦桿を常に持つ乗り物からプログラムに制御され技術を要しなくなった飛行機と同じ道を歩むように感じました。
ハンドルすら必要としなくなる日が来たらそれは「クルマ」ではない乗り物だと思いますが、ハンドルだけが残ったクルマのような乗り物に変化していく事を予感した2017年の東京モーターショーでした。

Lussoは今年もクルマ好きにとって何かを提案できることを目指して仕事をしてきました。
来年は今年見えた当たり前の未来に対して、我々が引き継ぎ後世に残せる何かを確立しようと思います。
これまで取り扱ってきた自称名車と言えるクルマたちのこれからのフォローに関して真剣に取り組んでいき、少しでも多くの管理車両がその性能を発揮できる状況を整える事を目指します。
クルマが好きっていう方々が本当のマイノリティーになっていくまで続けていきたいと思います。

本年も大変お世話になりありがとうございました。
来年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

良いお年をお迎えくださいませ。

岩山自動車企画有限会社
Lusso 
岩山 幸生

2017年11月28日

後世に残すクルマ選びとE-cars

今月はいつになく書く意識が高まって今日しかないと鞭打つE-carsです。
先月宣言した「29」キャンペーンはひっそりと始まり、結果が出せないまま継続イヴェントとして来月を、そして1月29日までを一タームとして行われます。
今月はLussoCarsとして初めての試みで、あいちトリコローレというイヴェントにも参加し、スタッフ一同楽しませていただきました。

そしてクルマ好きな若者を想いながら自分の仕事の振り返りをする日々の中でやはりLussoのこれからを考えていました。

タイトルにある「後世に残すクルマ選び」というコンセプトをここ数年意識しながら仕事に取り組んできました。そして来年に向けて自分自身に更なる発破をかける意味で連載を始める事にしました。(笑)
このE-carsでさえギリギリのフラフラな中で、いつ書くの?今でしょ!と追い込んでみる事にしました。この二つの連載を一つにまとめてしまえばいいかと安直に考えてお受けしたのですが、そうはいかない気持ちも芽生えてしまい、しばらくは2本立てで頑張ります。
Lussoでの仕事を通して「後世に残すクルマ選び」を皆さんとしてきたこれまでの経験をつたない言葉をつなげて記していこうと思います。
もしかしてココとソコの内容が被ってもココでお付き合いしていただいている方々はさらりと笑い流していただけますようお願い申し上げます。(笑)

そんな連載先はhttp://covo.site/ となります。
芸風や作風がどうのこうのは無しに読み流していただければ幸いです。

あちらの連載も月イチ限界、こちらも限界。あぁ、どうなることやらワカリマセンがよろしくお願いいたします。
E-wayama