2021年05月31日

ギアチェンジ

今月は最終日が月曜日という事で余裕を持って構えていましたが、GW明けてから一気に予定が変わり怒涛のスケジュール対応に身を任せて流されたE-carsです。
連休中に多くの自分の業務を終えてこのまま一気に新たな気持ちで走り出そうと考えていましたが、一人リタイヤしたので急遽計画変更となりバタバタしていました。
まぁ「過去と他人は変えられない」という言葉を2004年にある方から教えていただき、以降その心理にのっとって行動してきました。変えられるのは自分と未来だけ。
会社も長く続けてみると色々な事が起こります。良い事も悪い事も含めてその時のメンバーがそれまでのメンバーとその問題に対峙して取り組んで乗り切る。それができるのはその問題を与えてくれる要因には負けない力を持っているからだと感じて負います。
コロナ禍においても人はその問題に対して次に向かうから解決策や対処法を見出す訳で、諦めてしまったらそこでおしまい。
少しご迷惑をおかけしながらもその価値以上の価値をまた供給できる事を目指して進化できる機会という訳です。
自分の気持ちの中で時々ギアチェンジする音が聞こえてくる時があります。
運命の歯車というか何かの流れが変わりだす音を聞いて自覚する、そんな感覚です。
クルマでそんな音が聞こえたら結構気になってしまいますが、自分の中で聞こえてくる時には前に進む予感がしてワクワクします。
今年は何かが変わる気がします。
いつもきっかけは頭の中で鳴るギアチェンジの音なんです。

大沢自動車時代の相棒と再び働き始めてここからは30年前とは違う我々の中にある当時の想いを形にして良ければと思います。

少し落ち込んでいた気持ちも今日でおしまい。

来月からはここまでのLussoの集大成をまとめる動きを始めます。

早く自分の愛車に乗りたいです。

皆様も感染症対策を心がけての健やかなる6月をお過ごしくださいませ。

2021年04月29日

変わらない日常、薄れゆく…。

今月も結局いつもと変わらない月末を迎え各地に奔走するE-carsです。
今週も世の中では不要不急の外出は控えるようにというお達しの中、札幌や大阪に出向き明日もまた会社にはいられない事が確定の今夜、この機会を逃すと明日はさらに追い込まれるので今でした。(笑)
今月から旧知の相棒と始動を始めましたが、プロ野球のキャンプインの如く各々でやる事が多くて打ち合わせもゆっくりできない状況だったりします。
彼と何名かの方はお話をされたようで、Lussoの雰囲気が何となく彼に伝われば嬉しいなって思っています。Lussoはお客様が作った場所なので。
来月は少し停滞していた自分の業務を何とか稼働させて少しでも遅れている案件を前に進めたいと模索中です。
結局人が増えてもこれまでは自分の業務が減る事はなく、忙しい中であたふたする繰り返し。今度は変わる実感があるので進めます。
そんな時に為替は逆風、世の中は再び緊張感を要する緊急事態宣言、この流れが世界的な不況を背景に動き出したら先行き不安ですが受け入れるしかないのが現実。
だから今年はもっと楽しくなれるラインナップを充実していこうと考えています。
Lotus、ALFAROMEOの隠し玉を秘かに揃えて小出しにするとか…。
アルファロメオセールスが二人揃ったので相棒と話をしながら楽しく前に進めるように頑張ります。
コロナにおいて不安は拭いされない日々ですが、くれぐれもご自愛の程お願い致します。
自分自身も細心の注意を払いながらの移動や生活をしています。どうぞ皆様が来月もいつもように過ごせますように願います。
自分のクルマに乗りたい気持ちがまた薄れてきているのを感じますが、不要不急と呼ばれる心の規制を少しだけ多めに見てクルマを走らせる方はどうぞ楽しくドライブを、我慢して手入れに勤しむ方はとことん突き詰めてくださいませ。
僕はその中間で仕事します。(涙)
来月も宜しくお願い致します。
E-wayama

2021年03月31日

未来のクルマ好き

やはりというかいつもの如く、そして少し早くここにたどり着けた気持ちで余裕をかますE-carsです。
今月も世の中には桜が咲いてもパッと明るい気持ちという感じではない雰囲気も感じます。
多くの方々が真摯に受け止めている現在の状況に何らかの明るい兆しや変化が感じられたらいいと願うばかりの毎日です。
とはいえ、最近見かける子供たちの中には未来のクルマ好き候補たる子たちがチラホラと…。自分がその年代の時のどうであったかは記憶の中では曖昧ですが、ここまで素直にクルマに向き合えるほどの情報や世の中の状態ではなかった事は間違いないと思います。
未来のクルマ好きに触発されて、今のクルマオヤジは少し新たな気持ちを認識しました。
もう時間が残り少なくなっている事を受け止めて、拘りが過ぎて見送ってきたクルマたちにも興味を持ち、その上でのクルマ選びも考えるようにしようと思いました。とはいえ、何でもいいというのではなく「乗らずに終われるか!」くらいの気持ちで今のクルマオヤジになろうかと。
でもやはり乗りたいのはブレないのもオヤジの特徴かもしれません。何か買いたいモードであるようです。(笑)

会社として明日から大沢自動車時代の仲間をLussoに迎え入れます。20代の頃の自分の仲間と再び共に働くという事も長く仕事をしていて体験できる貴重な経験と思い嬉しく思います。
別々に歩いてきた道がまた交差して同じ方向に向かって進む。なかなかない話です。
これまで自分がやりたくてもできなかった事を少しでもやれるようになる事が今回の目標です。
まずは自分のクルマを走らせるようにできればと思いますが、それは私の力ではなくメカニックの力。お願いしながら秋には共に走りたい方と走らせたいと願っています。黄色や赤や白のLussoなクルマたちに囲まれて近くの山道で良いので少しだけ。(笑)
今年もきっとすぐに桜は散るでしょうが、来年も必ず咲きます。そんな普通の一年が今年も過ごせて秋には紅葉の近場の山道(こだわる)で15年振りの愛車と過ごしたいと目論みます。
4月からの焼山は少し変わるような気がします。

2021年02月28日

33年間

今月は日数が短い上に最終週に祝日が盛り込まれと極めてタイトなスケジュールにて追い込まれていたE-carsです。
そもそも自分自身がその状況を変えていこうとする意欲はあっても変化をかけられないまま過ごしてきた事が現状を生み出している訳です。
毎月今月を乗り切って来月からは変えていこうと思いながら、できないでいた事実。
しかし今月を乗り切り来月にはその状況も新たな展開を迎えられそうです。
そうなればこれまで以上の何かを自分が生み出せるのではないかと願いながら4月を心待ちにしています。

そして工場には自分の手元に来てから既に33年を経過した愛車が鎮座しております。この愛車を昨年復活させると言いながら、結局今に至ってもお不動様。春から夏にかけてこの愛車復活もプランに挙げて取り組みたいと思います。
33年前には22歳だった自分の当時を振り返れば無謀の一言。他界した母親から放たれた痛烈な一言は今でも心に残っていたりします。支払いのあてもなく親に頼み込んでローンを組ませてほしいと懇願した小僧は、今もその愛車も保有して母に捧げるバラード状態。動かないけど。
今では買う事ではなく販売を生業としております。多くの顧客様は年齢的にも近い方々が多く、その皆様と供に年齢を重ねてきたので違和感なく過ごしていました。
近年、若きドラーバーに車をお渡しする機会も増えてきて感じるのは、何十年経ってもこのクルマが欲しいと決めた時からの気持ちの高まりと行動は変わらないという事でした。
少しだけ先に経験した事を次の世代にもフィードバックする事が大切なのではないかという老婆心から引き留めてみたりもしますが、結果その制御は不発で終わり若きドライバーは次なるステージに立つ。
自分の周りにいる多くの方々と同じ道を歩む事になれたら、それはそれで幸せなんじゃないかと思ったりもします。
簡単に過ぎてきた訳ではない33年間を振り返ってみて今月がいつもと変わらず終えられて、来月もいつもと同じように始められることに感謝しながら、新たに始まる4月からの新しい体制の準備を進めていこうと思います。
昨年から世界中を巻き込んだ感染症による影響で多くの方々が思うような動きをとれず、我慢を強いられた感はあります。
しかしそこにある事実として受け止め新しい気持ちを持つ事も大切なんだと古くからの愛車が教えてくれているように感じた2月でした。
必ず走らせるから、待っていていてください。そして一緒に走ってくれる方、その時はお互いの愛車でお付き合いの程宜しくお願い致します。
E-wayama

2021年01月31日

変化を求められる一年

何とも時間が無い中で完全にギリギリのE-carsです。
なんとなく静かに始まった2021年かと思いきや、いきなりハードに時間管理を要求される毎日がさざ波のように寄せてくる毎日を過ごしております。
コロナ禍の緊急事態宣言が再度出されている中にここからの仕事への取り組み方、過ごし方を考える夜が増えています。
新車でリリースされるクルマたちは様々な新しい機能を備えていき、一昔前の携帯電話の進化に似た動きがクルマを大きく変えていこうとするように感じます。
本当に必要な進化であれば正常進化と捉えますが、そうではないような横並びには少し疲れてきました。
それは自分がその流れに乗り遅れている事を意味していると理解しております。でも受け入れなければという気持ちと見送ってもいい気持ちに揺れていました。
今年はやはり変化を要する一年と感じます。
もう、できないとか知らなかったは無くしていこうと思います。
幸いにも多くの方々が同時にこの時を過ごしており、その渦中での求めれる変化を受け入れる時代です。
そんな事を考えながらこのE-carsにもそろそろ画像をと考えております。(笑)
現在、他の場所では画像とコメントを時々発信しておりますがここでもそうした方が良いのかと考えておりますが、何となくE-carsだけはキャブ車のようにありたいとも思います。
もう少し考えます。
今年のLussoはスタートした時のような気持ちを思い出しながら、これまでに大切にしてきたクルマたちを再度丁寧に仕立て直す事に打ち込もうと思います。手が足りなくて見送らざる得なかった事にも着手しお待たせしてしまった案件を確実に解決していく事を目指します。
自分のクルマをどうするか問題も解決しないまま、あのクルマは手放す事となります。そのせいでかなりセンチメンタルな気分でもありますが次に保有される方が幸せになれるのであればと願って…。
そんな毎日を模索しながらの2021年のスタートでした。
来月も宜しくお願い致します。